比較的多くの金額を借りる事ができる地方銀行や信用金庫

事業資金の確保の為には、しばしば金額の高さが重視されます。

なぜなら事業では、まとまった大きな額が動く事になるからです。

ところで大きなお金を動かす以上は、少なくとも業者から借りられる上限金額などは、重要なポイントになるでしょう。

例えばAという業者の場合、借りられる額の最大値は1,000万円だとします。

それに対してBという業者は、4,000万などの具合です。

もちろんまとまったお金を動かすとなると、やはりBのような業者が望ましいのは、ほぼ間違いないでしょう。

ところでビジネスローンを利用できる業者には、大きく分ければノンバンクとそうでない所があります。

後者は、もちろん銀行関連の会社ですね。

そしてその業者の種類は、上記の金額とは大きな関連性があります。

一般的に銀行関連の会社では、比較的まとまった額を借りられることが多いです。

それに対してノンバンクの場合は、金額はやや低めに設定されている所が目立ちます。

全てのノンバンクが低めでもありませんが、やはり総じて最大額は低くなっているのです。

ですのでまとまった額を動かしたいとなると、やはり銀行関連の業者が望ましいと言えます。

ただその銀行関連の業者も、さらに2つに区分けする事ができます。

メガバンクという非常に大きな銀行と、各地域にある地方銀行ですね。

前者のタイプの銀行は、全国の各地域に立地しているのが特徴的です。

そして多くの事業者の方々は、前者のような銀行の場合はまとまったお金を調達できるとのイメージを描いています。

しかし実際は、そうとは言えないのですね。

銀行の公式サイトなどを実際に確認すると分かるのですが、実は地方銀行に限って、かなり大きな金額を調達できるケースも目立ちます。

メガバンクというのは意外と借りられる額が限られていて、数千万程度に限定されるところも目立つのです。

それに対して地方銀行の場合は、1億程度の融資を受けられるところも、かなり多く見られます。

全ての地方銀行でまとまった額を借りれる訳でもありませんが、やはり総じて融資金額は高めと言えます。

ですので事業などでまとまったお金を動かしたいと考えているなら、大きなタイプの銀行ではなく、敢えて地方銀行などに着目してみるのも良いですね。

とりわけ信用金庫などは、かなりまとまった額を調達できる傾向があります。

審査のハードルなども意外と低めになっている所も多いので、そのタイプの金融機関に着目してみるのは、悪くない選択肢と言えます。

ビジネスローンの申込をしてから融資が実行されるまでの4段階の流れ

金融商品の申し込みから借りるまでは、数段階の流れがあります。

ビジネスローンの場合は、大抵は次のような流れになるのです。

まず1段階目ですが、所定の金融業者に対する連絡からです。

申込をしたいという旨を、電話やネットなどで伝える訳です。

ちなみにどのような方法ならば申し込みが可能なのかは、金融業者によって異なります。

そして第2段階は、その金融業者に対する情報伝達です。

当然ですが融資を受ける以上は、やはり会社の財務状況などは重視される事になります。

ですので財務に関わる情報伝達は行いますし、もちろん住所などの個人データも伝える事になるのです。

それに加えて書類なども提示する事になりますが、ビジネスローンの場合は複数の書類が求められます。

身分証だけではありません。

もちろん書類に何かの不備があると、再提出になってしまいます。

それで二度手間になれば融資実行までに時間がかかるので、事前に銀行などに問い合わせをして、よく確認するべきでしょう。

第3段階は、その伝えられた情報に対する様々な確認と、その結果通知です。

情報を受け取った金融業者としては、果たして融資を実行しても問題無いかどうかを、様々な基準で確認する訳です。

それで何も問題無いと判定された時には、金融業者からその旨が通知される事になります。

逆に何か問題があると判定された時は、その時点でお断りになる訳です。

ちなみにこの結果通知でどれ位の時間が必要かは、金融業者によって色々と異なります。

かなり時間を要する業者もあれば、比較的速やかな業者など様々です。

中には即日の業者もあります。

なお上記の確認作業は、大抵2段階になります。

仮審査というものが行われて、大抵それが電話などで連絡が来ます。

それで2段階目の本審査が行われ、改めてもう一度連絡が来る訳です。

そして4段階目ですが、上記の結果通知で何も問題がなければ、業者から資金提供を受けられる流れになります。

ただ結果通知から入金までのスピードも、やはり業者によって違いはあります。

ノンバンク関連の業者などは、全般的にスピーディーに入金をしてくれる事が多いです。

以上のような数段階の流れになりますが、第2段階に関わるルールなどは、業者によって違いがありますね。

この段階で来店が必要になる業者もあれば、WEBだけで全ての手続きが完結する業者もあります。

最近では申込者の手間を省く為に、来店不要なタイプの商品も増加傾向にあります。